Menu


通勤の間,「新潮」2019年1月号を捲っている。宮内悠介「ローパス・フィルター」が面白い。こういう小説を読みたかった。小説で十分面白いものの,望月ミネタロウあたりがマンガにしないだろうか?

家内が夜,忘年会なので,娘と待ち合わせて夕食をとることに。池袋東武のレストラン街を久しぶりに覘く。3フロアを行き来し,結局,蕎麦を中心にメニューが多い店に入った。

40席前後の店にもかかわらず,メニューは恐ろしく豊富だ。蕎麦とセットのバリエーションはもとより,丼からカレー,北海道や鹿児島の名産をメインに据えた定食,デザートにドリンクと,何もここまで揃えなくてもいいんじゃないかと思うくらい。

にもかかわらず,フロア係は2名しかおらず,注文にサービス,レジ,食器洗いまで担当なのではないだろうか。いきおいオーダーとサービスどちらも遅れ気味で,加えて,オーダーもさまざまだから,時間がかかってしかたない。

全体,昔,デパートの食堂によくあったメニューを蕎麦中心に少しクオリティ上げた感じといえば聞こえがいかもしれない。でも,レストラン街が5フロアもあるこのデパートで狙いがかなり外れているんじゃないだろうか。

決して不味いわけではない。ただ,どうにも不安定なのだ。それもおもしろさにつながらない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top