国分寺


花粉が非道い。1年半の舌下免疫療法では太刀打ちできない。

午前中,食事をして,予定ではパソコンのセッティングを見直すはずが,14時すぎまで眠ってしまった。起き出して,家内と国分寺に向かう。

仕事でお世話になっている北杜市在住のイラストレーターさんが,4,5年に3,4回くらいのペースで,近所の陶芸家の個展の際にミニコンサートのために出てくる。だいたいが国分寺のギャラリーだ。

17時からライブだというので,慌てて家を出たものの,すでに間に合いそうにはない。新宿駅で遅めの昼食をとり,国分寺に17時過ぎに到着した。ギャラリーに入ると椅子席は満杯で,立ち見で30分強のライブを観た。

もともとギターが上手い人だけれど,さらに音色に磨きがかかっている。アコースティックギター2本とカホンのトリオ編成。かなり音が厚かった。

終わってから,陶芸家さんの作品を選び,絵皿一枚を購入。京都に住む元同僚に贈るためだ。英文メールの添削というか英訳で折々にお世話になっている。

昌己夫妻と落ち合い,そのまま南口の居酒屋を物色に行く。あとでイラストレーターさん,また娘もくるというので,6名分の席を探す。ほんやら洞はすでにいっぱいで,その手前の店に席を確保して,イラストレーターさんを待つ。

昌己の奥さんと会ったのは一年振りくらい。お元気そうでなにより。少しして娘がやってきて,21時すぎまであれこれとたのしく話した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top