Re


会社帰りに川島先生が書かれた岩波新書を買おうと,それでも小さな本屋を巡った。茗荷谷の本屋には岩波の新刊はなくて,中井の伊野尾書店もよく見ると岩波の本はない。あれだけ面白い本を仕入れても岩波を仕入れるリスクは大きいのだろう。

棚に面で杉作J太郎の『恋と股間』が再発されていたので,代わり(ではないが)買って帰った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top