総理大臣


仕事で久しぶりに神保町へ寄った。古本祭の準備があちこちで散らかっているなか,駿河台を下りながら,すずらん通りをぶらつき九段下のほうまで何年振りかで歩く。一本,二本,竹橋方面の道までぶらついた。東京堂書店にいつの間にかカフェが併設されていたり,書泉グランデの地下が変わってしまったり。

共立女子大学で打ち合わせを終え,出版健保で予防接種を受けて,丸善で買ったのが菅直人の『東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと』(幻冬舎新書)。

仕事帰りに芳林堂へ寄って,サイボーグ009の3巻を見つけたものの,1巻,2巻を読みなおそうと思っているので買わずに帰った。

と,買書日記になってしまった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top