情報


バリケフホニウムのライブは1回しか見たことがない。身長の高いボーカリストが,平沢ばりのメロディラインを無理して歌っている素人さ加減に目を瞑れば,当時の平沢ソロ(「ソーラ・レイ」とか「アモールバッファ」「死のない男」とかあの手の曲を除く)よりも,数段格好の良いバンドだった。一度,吉祥寺のバウスシアターでライブがあったとき,チケットを手に入れていたにもかかわらず仕事の都合で出かけられなかったことがある。一緒に行く予定だった昌己から「すごかったよ」と聞くにつけ,惜しく感じた。

ことぶき光のフレーズサンプリングと,十八番の裏から入る絡み合ったリズムパターンが決定的で,少し後だったかに三橋美香子の“Grace”でことぶき光の編曲を聴いて,昔からこのパターンだったのだなと思ったことが懐かしい。

ベースは秋元一秀で,平沢ソロ3部作の途中まで,ことぶき光とともにキーボードのサポートでステージにあがっていた。まだP-MODELが解凍になる前,下北沢のライブハウスでオールドテクノのカバーナイトのようなイベントがあって,当時はバリケフホニウムは解散,3人組でYMOのカバーをしたのを聴いたこともある。いかんせん,ベースのチューニングが甘くて,かなり気持ちの悪い音だった。一曲,P-MODELの“マーヴェル”をカバーしたのだけれど,なぜ,この曲という感じがした。

その後,CGアーティスト秋元きつねとして名を目にすることはあったけれど,音楽に関してはここ10数年,聴く機会がなかった。

少し前,SoundcloudでP-MODELを検索すると,秋元きつねの“Fish song”がひっかかった。さすがに勘所を押さえたアレンジと,最初から自分でボーカル担当すればよかったんじゃないかというくらい安定した歌だった。

Twitter界隈で,秋元きつねの訃報,夜になってからは赤瀬川原平の訃報情報が飛び交っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top