サイト


閑話休題

年数回店主になるところの古本屋のサイトに手を入れて一日が終わってしまった。

もともと実家に預けたままの本・雑誌がかなりあった。状態がかなり悪い本がほとんどだったので,親のマンションを処分するとき,4畳半一部屋分くらいを廃棄せざるを得なかった。もう少し状態がよければ,次の人に手渡せる冊数は増えたのだろうけれど,元凶は江戸川区に引っ越したことだ。昭和の終わりから平成のはじめの江戸川区は,おそろしく空気が悪かった。饐えたようなにおいが町中に充満していた。あれで紙がやられてしまったに違いにない。その後,千葉の奥に引っ越したとき,すでに多くの本がダメになっていた。

自宅に段ボール箱4箱と少しを,それでも送ることができた。一箱古本市に参加したのは,そのあたりの本をまずは次の読者に届けようと考えたのが始まりだった。あれから2年以上を経て,結果,私の手を離れた本・雑誌の数よりも,この間,購入した本・雑誌の方が圧倒的冊数になってしまった。

次の手段として,ネット書店を検討してきた。サイトのオリジナルアドレスは入手した。Wordpressもインストール済みだ。ただ,ネット書店のイメージがまとまらず,結局,半年くらい放置したままだった。そこに昨日,少し手を入れた。

画像やロゴを用意するには,おそろしく時間がかかる。PhotoshopもIllustratorも自宅にはないのでPaint.netにアドインを入れて(変な表現だ),試しながらつくる。とにかく時間がかかってしまう。

1冊分のデータを入れたページをつくるのに,これではいったいどれだけ時間がかかるのだろう。ページ作成の合間,家内と昼食をとりに行った帰りには新書本を2冊買ってしまった。

すでに当初の予定から大幅に軌道がズレている気がするものの,少しずつ固めていくことにする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top