年度末


自称・筋金入りのアマチュア・フォークシンガーと久々に飲むことになっていたので,早めに仕事を切り上げた。雨。年度末で居酒屋の混み具合は非道いものだ。改札で待ち合わせ。予定していた店は初手からあきらめてしまい,線路を跨ぐ橋の先にある焼き鳥屋に入った。

赤目の合宿ではじめて会ってから20年近くになる。その後,妙な縁で仕事場が一緒になり数か月。その間,ほとんどやりとりがないまま,彼は先に退職してしまった。はじめて酒を飲んだのは結局,退職が決まってからのことだった。

麻布十番で飲んだときのことは以前,記した記憶がある。その後も神楽坂や高田馬場,大塚,池袋,浜松町でも飲んだ。最近は休みの日にはギターを抱えて,さまざまな集会に参加しているそうだ。ここ数年,憲法記念日前後に憲法フォークジャンボリーが開催され,彼は実行委員に加わった。

今年のチケットの受け渡しも兼ねて,久しぶりに飲むことになったのだ。

経営が変わってから初めて入ったその店はなかなか居心地がよい。焼き鳥中心につまみも豊富で安い。結局3時間以上,居座ってあれこれ話した。

今年で定年だそうで,65歳になるのだという。知り合いにこの世代の人が多いから,今年に入ってから同じような話を2人から聞かされた。出版業界の景気がよかったのは1997年前後のことで,そこに至る時代を経験している人とは通じる話がある。2000年からこちら,すでに20年近くになるものの,その間,出版の世界が蓄えてきた多くのノウハウというか技が継承されずに潰えた。継承しなかったのはあんたの世代だといわれれば,返す言葉はない。

ただ,ある時期,私より若い世代がこの業界からわれ先にと逃げ出したということは記しておいてよいはずだ(何だか大塚英志の文体風だが)。今年に入って定年の話を聞いた3人から同じように,自分の仕事を引き継ぐ後輩を育てられなかったと告げられた。

それでも会社は続くのが,くやしいけれど実際のところなのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top