風邪


落ち着かない天気。朝から喉が痛い。市販のかぜ薬を流し込んで仕事に。一日調子が悪く,早めに上がることにした。家内がコンサートに出かけているため,高田馬場で待ち合わせて娘と夕飯。少し前まで「もぐら食堂」だったところに新しい店ができていたので入ってみた。カジュアルイタリアンと銘打っているのに相応しいリーズナブルな価格設定で,頼んだなかでは魚が特においしかった。足が速い魚だと,そこそこの店でもナマ臭さが出てしまうのに,そんな匂いはまったくしない。このところのアニサキス中毒報道で家内は生魚を避けているものの,娘と二人なので気にせずに頼んでよかった。しかし体調はだんだん落ちてゆく。デザートまで一通り食べて,家に帰り,すぐに眠った。起きたのは0時過ぎ。したくをして,1時半くらいに再び眠った。

日曜日までは喉が痛くなる気配などまったくなかったにもかかわらず,起きた途端に非道い痛さ。市販薬は眠くなるし,夕方の会議まで仕事が進まなかった。

金曜,土曜と酒の席が続きそうなので,それまでには回復しないとやっかいだ。

夕飯をとりながら,娘から大学の同級生の話を聞いていた。教職に必要な単位をとり,サークル活動に出かけ,2つのアルバイトを掛け持ちする。とにかく忙しい同級生は自宅から通っているにもかかわらず,昼食代は自分で出すという。お金に事欠き,風邪をひいても病院に行く余裕がなく,昼食はスナック菓子。私は「友だちの家に行って,一緒に食事したりできないのかな」,そう感じた。

喬史は夕飯はタバコ3本などというときもあったし,私にしても徹にしても,精神科のアルバイトをするようになってから仕送りに頼らず,大学生活を続けることができたものの,全体,相応に貧しかった。しかし,不思議と生活に対して何がしかの逞しさを伴っていたように思う。

私が留守にもかかわらず,カギをかけていないことをいいことに,部屋に上がり込み,冷蔵庫のなかから食べ物を物色し,レコードを聴いて帰っていった喬史。もちろん怒りはしたものの,隣に住む先輩から,「ミカバンドに合わせて歌う声が聴こえましたよ」と言われ,怒りは,ああ面白いネタをもらっちゃったぜ,という感じにとってかわる。

同様に,後輩が留守の間に私たちはそ奴のアパートに入り込み麻雀三昧。そのあげく,アルバイト先のラーメン屋から出前をとり,後輩は「自分のアパートに出前をした男」として名をはせた。

イリーガルなことも少しはしたけれど,安いだけが取り柄の店で昼食をとり,食事を奢ってもらえるというだけでサークルに入ったり,工夫ともいえないことを何度も繰り返した。

「経済」「貧困」に手を打たなくてよいなどというつもりはまったくない。ただ,「助けてくれ」と言える友人をつくってもいいのではないかとは思うのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top