三軒茶屋


夕方から打合せ2件。1件目を池袋で30分で済ませ渋谷経由で三軒茶屋に。世田谷通りを若林のほうまで歩き,こちらも30分程度で終わった。

大学受験のとき,何度か三軒茶屋のビジネスホテルに泊まった。試験日前日だというのに名画座で映画を見てしまった記憶がある。学生時代にはほとんど来ることがなく,年に数回仕事でやってくるようになったのはここ10年少しのことだ。

いまだにこのあたりの位置関係が把握できないので何と書けばよいのかわからないものの,初めて来たのは若林のほうにまだブックオフがあった頃のことだ。

太子堂から首都高の向こうまで久し振りにぐるぐると辺りを歩き回り,打ち合わせではなく,そのせいで疲れてしまった。面白い町な一方,どこか落ち着きがない。『ららら科學の子』の主人公の実家はこの辺りだという設定なのだけれど,世田谷線のイメージとなぜかつながらない。

太子堂の暗渠を越えた奥にある古本屋兼骨董店を覗き,駅まで戻る。高速を渡った向こうの商店街まで行き,古本屋でコンビニ本の「サイボーグ009 地下帝国ヨミ編」を買い,首都高沿いでラーメンを食べて帰る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top