下書き


と,書き進めて,これがZineの下書きだということを思い出す。ルナールの「蛇」よろしく,長すぎないだろうか。

私がこれまで目にしたZineは,イラストや写真などを思い思いにレイアウトしたものがほとんどだ。下書きをまとめると,すでに3,000字以上になる。仮に,この通勤途中の人の流れだけでZineをつくり,みちくさ市で配る。 どこかずれているというのか,Zineっぽくないような感じがしてきた。イラスト入れるとしたら,駅構内の地図と人の流れくらいだし。

コラムのタイトルは「ライフハックは不致命コトナが見る夢か」(仮)として,泉昌之のマンガとライフハックを絡めようと思って始めたものだ。にもかかわらず,いまだ泉昌之のいの字も出てこないし(以前,ネタ元は書き留めたものの),ライフハックに至っては影も形も何もない。

大長編連載コラムだけが掲載されているZineって,それでいいのだろうか?(加筆予定?)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top