iMac G4致命的所作


土曜日は夕方から打ち合わせが一本入っているというのに偏頭痛。おまけにかぜ気味ときている。さらに昼前に歯科受診の予約まである。とりあえず,10時くらいに起き出してしたくを済ませた。

歯科は30分程度で終わり,池袋まで行く。ジュンク堂で仕事用に『質的研究のための理論入門』(ナカニシヤ出版)。ページを捲るまでは『はじめて学ぶ文化人類学』(ミネルヴァ書房)を買おうと思っていたものの,前者だけにした。茗荷谷で昼食をとり,少し仕事をしていると待ち合わせの時間が迫ってきた。体調が戻らない。にもかかわらず,ジュンク堂で見つからなかった本(『多としての身体』)をネットで検索するとオアゾの丸善には在庫がありそうな表示。つい東京駅で一度,下車して丸善の棚を覘くが結局,見当たらない。あきらめて,新橋まで行って,そこからタクシーで待ち合わせ場所に。

とりあえずの用事を済ませ,体調が悪いため,そこで失礼することにした。新橋まで歩いて戻り休憩。久しぶりに汐留まで歩き,大江戸線で東中野まで。ブックオフでヴェーバーの文庫2冊(元は同じ本の訳違い),島田一男を5冊くらい買う。山手通りから早稲田通りを下り,上落中通りに入り,佐乃佐で夕飯。家に帰る。

日曜日,起きたのは11時近くになっていた。朝食をとり,家内と娘は買い物に出るというので,留守番。かぜのせいで体調がよくないので,一日,家で諸々片づけることにした。まずはiMac G4と外付けに入ったデータをNASに移す作業をダラダラと続ける。

写真のデータをほとんど保存し終えた後,フォルダを何度か確認。もう移し忘れたデータはないと判断したところで,ふいにOS9のアイコンが目に入る。Mailを立ち上げてみたものの,相変わらず途中でクラッシュしてしまう。もしかしたらOS9のメーラーを使えば読み出せるかもしれない。そう思ってしまったのが悲劇のはじまりだ。

しかし,そこでOS9を立ち上げるのではなく,どうしたわけか起動ディスクをOS9に設定し,再起動をかけてしまった。致命的なミスだ。なぜ,そんなことをしてしまったのだろう。この16年,起動ディスクをOS9に設定したことなど,たったの一度もなかったのに。

再起動というか電源は入ったものの,モニタ中央に四角いアイコンが出てくるだけで,そこから先には進まない。

もともと,純正のApple Keyboard Proが壊れてしまったところから,iMac G4を使わなくなったのだ。Moboのキーボードとマウスが繋がっているとはいえ,DVDスロットの開閉はキーボード上では行なえない。OS Xを立ち上げて,画面上から開くのだ。DVDを起動ディスクにしようにもスロットを開く術がない。

16年の付き合いだったけれど,もはやiMac G4を使うことはないと思う。純正のApple Keyboard Proを中古で手に入れでもしないかぎり。なんだか手に入れてしまいそうで恐ろしいのだが。

草臥れてしまい,少し横になる。遅めの昼食をビールで流し込んだ。一箱古本市用の本を選ぶために積み重なった本を動かすだけで体が軋む。おかげで家のなかで紛失していた本が出てきた。

とりあえず,一箱古本市に並べる本はだいたい目途がついた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top