初夏バテ


中目黒で企画の打ち上げ。川沿いのバルでワイン1本を3人で,ビール2杯ほど。1人で飲むのであれば,酔いが回ってしまう量とはいえ,3人であれこれ話しながらなので大丈夫だろうと思っていたのが間違いだった。

朝,起きると頭痛が非道い。暑い夜だったので少し脱水症状も起こしているような気がする。頭痛薬を飲み,横になる。

午後から出社。仕事を片づける。20時過ぎに終えて家に戻る。夕飯後,23時からついサッカーの試合を見てしまった。昨今の企業原理のような試合。『樅の木は残った』をふと思い出したものの,似て非なるものだとすぐに考え直す。締切さえ守ればどんなにつまらない小説を書いてしまってもかまわないという按配。ちばあきおの「キャプテン」を思い出した。ちばあきおのマンガだったら,途中,ボールまわしになっても,最後は攻めただろうな。

原田実の新書のページを捲りながら,種村季弘の『ぺてん師列伝』を読み返したくなった。人を操作しようとするとき,制服(になぞられうるもの)で糊塗するのは歴史の常。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top