京都音楽博覧会2018 in 梅小路公園


5時に起床。身支度と1泊2日の準備をして家を出る。天気は悪くない。高田馬場で乗り換え品川まで。新幹線改札前のカフェでサンドイッチを買う。7時台前半ののぞみ号で京都に向かった。娘,家内ともども小田原あたりからは眠ってしまった。

9時半くらいに京都着。新・都ホテルに荷物を預けて,梅小路公園まで歩く。天気はよさそう,というよりも少し暑くなる感じがする。リストバンド交換を済ませ,ゲートの中に入る。開場まで30分以上あった。一昨年は,ゲートの外で順番待ちだったから,やや早い。日差しがくるので木陰で開場を待つ。

ほぼ定時に開場し,レジャーシートスペース中央少し右あたりに場所を確保した。娘はグッズ販売に並び,家内と飲み物を買いに行く。チケットは完売だというので,開演まで時間があるにもかかわらず,意外と人が溢れている。

開演間際にスタンディングスペースに移る。最初はnever young beach。踊ってばかりの国の続きのような評価があるようだけれど,当然,違うなあと。サポートギターを交えた5人で,ドラムがまるでリンドラムの打ち込みのようなストイックさ,だ。後半に演奏された新曲「いつも雨」はくるりの「ばらの花」のような曲。この曲をかけて,くるりのフォロアーだと紹介されるならば違和感はないだろう。続けての曲の出だしのリフは「ロックンロール」みたいだった。メロディーが入ると全然違うのだけれど。(続きます)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top