Reread


本を探すために,エレピ一帯に積まれた本の山を移動させた。見つからない本の代わりに,読んでみようかと気になる本が現れるのが常だ。先週読んだ中島らもの『永遠も半ばを過ぎて』は,何年間も本棚に入ったまま,他の本を探すときに目にしていたのに,どうして読みたくなったのかわからない。

姜尚中と森達也の対談『戦争の世紀を超えて―その場所で語られるべき戦争の記憶がある』も,たぶん『永遠も半ばを過ぎて』から数冊違いで並んでいたと思う。このところ会社の行き帰りに読み返している。斎藤環や開沼博の善意への指摘に通じるやりとりがあることに気づいた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top