Second hands


このところ,月にしてかなりの量の古本を手に入れる日々が続いている。矢作俊彦と中井英夫,開高健あたりまでは,コレクションをしようにも作品数が限られているので,こんな状況に陥らなかった。結城昌治と三好徹のスパイ小説を読み始めてから増えたというだけでは説明がつかないように,ずっと感じていた。

確かなのは,刊行される新刊の点数は増えているのに読みたい本が新刊では手に入りづらく,一方で,古本屋でそうした本を目にしたとき,とりあえず買っておかないと次にいつ出会うかわからないという不安のようなものがあることだ。

でも,それだけではないような気がする。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top