1Q84


これだけ書くことがあるというのは,なんだかんだ言ってもつまらなくはないということなのだろうか,『1Q84』は。BOOK2に入って,打海文三の小説を思い出した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top