1Q84


茗荷谷を17時過ぎに出ると,上野広小路までのバスの道程はやけに明るい。降りて古本屋をのぞいて,京成上野駅近くで軽く夕飯をとり,印西へ向かう。駅前のヒーリングスパに入った。ここ2回は,本を持って入り,屋外の湯船でペラペラとページを捲る。ビールとローストビーフのサラダ,烏賊と筍の炒めものを買い,実家へ歩いていく。

ビールを飲みながら,メールをチェックし,何年ぶりかで御厨さと美の『裂けた旅券』の第1巻を読みながら眠った。

今朝は7時過ぎに起き,朝食を済ませ,送水管の交換の打ち合わせに管理事務所へ行き,担当者数名を連れ立って部屋へ戻ってきた。1時間ほど確認作業に付き合った。

その後,したくをして,自転車で千葉ニュータウンの銀行へ向かう。久しぶりに強い日差しで汗をかいてしまった。銀行で手続きを終え,古本屋,靴屋,洋服店をはしごして,途中,昼食をとって,戻る。洗濯と掃除をして,バスで千葉ニュータウンへ向かう。しばらく迷って,結局,タクシーで司法書士のところへ。打ち合わせをして帰りの電車で『1Q84』book3を読みながら戻ってきた。

ポール・オースターの『幽霊たち』を読んだのはいつのことだったか覚えていない。矢作俊彦が貶したときはすでに読んでいた記憶があるので,かれこれ20年くらい前なのだろう。book3を読み,『幽霊たち』を思い出すのはしかたあるまい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top