WORLD HAPPINESS 2014


日曜日に,家族と一緒に「WORLD HAPPINESS 2014」に出かけた。さまざまな記憶とつながった場面があったので,適当に記録しておくことにする。

とりあえず,出演者とセットリスト+簡単なコメント。しばらくエントリー続くはずです。

PUFFY

  1. Basket Case [Green Day]
  2. サーキットの娘
  3. 愛のしるし
  4. これが私の生きる道
  5. DOKI DOKI
  6. 渚にまつわるエトセトラ
  7. アジアの純真

ヒット曲多数+志村作品。この時点で最初の豪雨。音はときどきナチュラル・フェーザーがかかり高音が消えるかと思うと突如として迫力を増すなど不安定。それに慣れてしまえばあとはそれほど気にならず。

ねごと

  1. ループ
  2. メルシールー
  3. アンモナイト!
  4. カロン

雨あがる。野外ではシンプルなビートのほうが伝わりやすいことを,この後の赤い公園との対比で感じた。

真心ブラザーズ

  1. 空にまいあがれ
  2. sometimes時々
  3. ふっきれてる
  4. マイ・リズム
  5. どか~ん
  6. I’M SO GREAT!
  7. ENDLESS SUMMER NUDE

雨風復活。しっかり聴いたことなかったものの,単純に格好よかった。

赤い公園

  1. 今更
  2. 絶対的な関係
  3. サイダー
  4. 風が知ってる
  5. ふやける

雨風止むは,ときどき。ドラムの音がバスドラくらいしか聴こえず,シンバル,ハイハット,カウベルはマイクがあまり拾えない。4.,5.あたりはかなりくっきりと聴こえた。5.のドラムソロは強烈に響く。後半,ステージの左に出てきて,爆音鳴らしながらもフロア(?)に向かて一礼する津野米咲の佇まいがすばらしく,恒例のノイズ放置エンドも格好よかった。

高橋幸宏 with In Phase

  1. Looking For Words
  2. Last Summer
  3. Follow You Down
  4. Where Are You Heading To?
  5. To Who Knows Where
  6. Shadow
  7. All That We Know
  8. World In A Maze

雨は止んだも風は相変わらず。はじめて聴く曲ばかりで,東芝時代のソロを英語で歌っているような印象の曲。ジェームス・イハの曲が格好よかった。

ヒトリエ

  1. センスレス・ワンダー
  2. アンチテーゼ・ジャンクガール
  3. るらるら
  4. カラノワレモノ

何かを思い出すなあ。ただ,ふつう,思い出すのは「何か」ではないはずだけれど。で,3.,4.曲目を聴きながら,何かが,志村時代のフジファブリックだと気づいた。

きゃりーぱみゅぱみゅ

  1. ピカピカふぁんたじん
  2. きらきらキラー Extended Intro Ver-
  3. みんなのうた
  4. KPP シングルメドレー:CANDY CANDY~PON PON PON~つけまつける
  5. にんじゃりばんばん
  6. インベーダーインベーダー
  7. ファッションモンスター-Extended Mix-

娘は踊っていたけれど,MCで3日続けてのライブだと聞いた途端,何だかかわいそうになってきた。

ポカスカジャン

  1. ポカスカジャンのテーマ
  2. ドラえもん絵描き歌
  3. ガリガリ君のうた
  4. 森のメリーアン~星空の下のマジンガーZ
  5. アリスの少女ハイジ
  6. Let it be かくれんぼ
  7. ポカスカジャンのテーマ

トイレに並びながら聴いた。

くるり

  • Loveless(マイクチェック)
  1. ハヴェルカ
  2. 三日月
  3. Morning Paper
  4. WORLD’S END SUPERNOVA
  5. Liberty & Gravity
  6. ブレーメン
  7. 東京

ネットで検索するとワールズエンドが入っていない記録多数。奥野真哉のサポートで,同期なしのWORLD’S END SUPERNOVAが恐ろしく恰好よかった。このメンバーでもう少し固定してツアーをまわってほしいと思う。音が自然にフェーザーかかっているように舞っていたためか,フロアの歌声が大きく聞こえてきた。

cero

  1. マウンテン・マウンテン
  2. Contemporary Tokyo Cruise
  3. Elephant Ghost
  4. Yellow Magus

この音は,ティンパン系なんだろう。

細野晴臣

  1. Angel on My Shoulder
  2. Dear Prudence
  3. Cinese Skater
  4. バナナ追分
  5. A Cheat
  6. Ain’t Nobody Here But Us Chickens
  7. Body Snatchers
  8. 29 Ways
  9. Tutti Frutti
  10. The House of Blue Lights

台風のなかでよりも,秋の夕暮れに聴きたい。2.のカバーはバンシーズといい,おしなべて格好よいというのが通例。

No Lie-Sense(鈴木慶一&KERA)

  1. けっけらけ
  2. だるい人
  3. DEAD OR ALIVE(FINE,FINE)
  4. 大通はメインストリート(演奏せず?)

新木場の惨状。雨風がここぞとばかりに吹きつけ,音源が止まってしまい,アカペラ(?)+生楽器で継続するも途中でストップがかかる。はじめて聴く曲ばかりなので,4.はでたどり着いたのか確認できない。

電気グルーヴ

  1. Hello! Mr.Monkey Magic Orchestra
  2. Shame
  3. Shameful
  4. Zoo Desire
  5. ガリガリ君
  6. FlashBackDisco
  7. Shangri-La
  8. Denki’s Techtropolis
  9. あすなろサンシャイン

四半世紀ぶりの電気グルーブ。ネタ多数なので,別項目でネットから拾ったものをまとめてみる。

奇妙礼太郎 トラベルスイング楽団

  1. どばどばどかん
  2. タンバリア
  3. 東京ブギウギ
  4. 赤いスィートピー
  5. ビールの歌

ボーカルの歌い方が清志郎にホント,似ていた。奇妙礼太郎の歌い方をまねて,結果,清志郎のモノマネのやりかたが変わるんじゃないかと,そんなことを考えてた。で,これもティンパン系だろうな,と。

高橋幸宏 & METAFIVE

  1. OPENING~Key
  2. Ballet
  3. Split Spirit
  4. Radio
  5. Turn Turn
  6. Still Walking To The Beat
  7. Something In The Air
  8. 中国女(アンコール)
  9. CUE(アンコール)

1.の音圧とBPMがなんとも格好よい。2.はかなりボーカルが後ろのりで入っていたのだけど,あれは意識したものではなく,ガイドがかなり聴こえづらかったからではないだろうか。8.は途中でカオスに陥ったあたりからの復活が面白かった。9.はいうまでもなく,よろしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top