WORLD HAPPINESS 2014


思えば野外ライブなんて,高校時代に中津川の椛の湖へ泊りがけで出掛けたのと,浦和の田島が原で開催されたフリーコンサート(しつこいようだけれど,無料コンサートではない)くらいしか出掛けたことがない。中津川では友人のテントを頼りに野営したのだ。はじめての野外ライブに音がどうのこうのと比較する体験を持ち合わせていなかった。田島が原は1,000人も集まらないコンサートだったから,ステージのかなり近くで聴くことができた。煩いくらいだった。

WORLD HAPPINESS 2014は来場者1万人以上,チケットは7月中旬にとったのでBブロックだった。Bブロックというのは,中央後方のコントロールブースで隔てられた左右のスペースのこと。ステージから100~200メートルは離れている。加えて,この日は非道い風雨。どれをとっても初めての体験ではあるものの,この間,私はといえば,自分たちの練習スタジオからはじめて,ライブハウス,ホールに武道館まで,さまざまな場所で音楽を聴いた。

はじめに登場したPUFFYを見ながら,音にフェーザーかけているのだろうか,と正直,最初は思った。それくらい音の出かたが安定してなかった。特に高音はかなり雨風に左右されることを知った。雨が降っているので,100円ショップで購入したポンチョをかぶったのだけど,フードをあげると耳がふさがされしまい,さらに音が聴こえない。しかたがないので,フードは下ろしたまま,タオルを頭に被り,手で耳の裏側あたりの位置で押さえながら聴くことにした。(つづきます)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top