風邪


少し仕事を進めようと思い事務所に出たものの,調子が悪い。メール数本を打って帰る。夕方まで眠る。喉が痛い。葛根湯と風邪薬を飲んで眠る。

月曜日は結局,午前中休む。ニュースレターの下版だけ済ませ,帰りに会社近くのクリニックを受診。インフルエンザではなさそう。芳林堂書店で夢野久作『死後の恋』(新潮文庫)を買う。クリニックで処方されたPA錠は服用すると眠気が非道い。

今日も午前中は休み,午後から出社した。眠気が続くので集中して仕事ができない。早目に切り上げ,家に戻りしばらく眠った。

『骸骨の黒穂』以来,ぼつぼつ夢野久作を読み直している。広義のスパイ小説と取材小説が夢野久作の持ち味だなあと思う。とすると,それは三好徹に通じるところがあるかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top