週末


土曜日は昨夜の荷物を抱えて会社に行く。雨。このところ,鞄のなかには買ったままで読み終えていなかった平井玄『ぐにゃり東京』が入っている。帰りに高田馬場で少し飲んでから帰る。芳林堂書店に久しぶりに入ったところ,本の冊数がかなり少なくなっていて,まさかと思う。レイアウトを変えるためのようだけれど,この調子で続くのだろうか。

日曜日は午後から家で少し仕事。サイトのlogファイルのタグを変える作業は,やりかたが確定したので,1月分数十分で終えられるようになった。とはいえ10年分くらいあるのだから,全部終えるのに夏くらいまでかかりそうだ。夕方から吉祥寺に。家内,娘と夕飯。公園口駅近くに移転したSOPRAに入る。夜のメニューは前菜,パスタ,メイン合わせて7種類くらい。メニューにないものも注文すればつくってくれる。もしかしたら,多くのレストランはこのやりかたで十分,店をまわせるのではないかと思った。サラダを頼み,魚中心にデザートまで食べてお腹いっぱい。

帰りにバサラブックスの300円均一箱に中井英夫の『悪夢の骨牌』『人外境通信』,横溝正史『鬼火』,河野典生『カトマンズ・イエティ・ハウス』があったので買ってしまう。300円なんて値付けされたらしょうがない。中井英夫の2冊はページを開いた痕跡さえない美品。箱は経年劣化だけれど。

凍結していたiTunesストアのアカウントを解除したり,SNSに一時,矢野顕子の「いいこ いいこ」をアップするためにあれこれ手をかけたりしていたら夕方になってしまった。まあ,家でそんなことする時間がとれたのは久しぶりだから,それなりに楽しい。

『ぐにゃり東京』を読みながら,数年前のゴールデンウィークの非道い進行を思い出す。フリーの校正者,DTPオペレータの独特の感じ,どこか山っ気があって,まるでクイズを解くかのように仕事を進めようとする感じが伝わる。プロなんだけれど,なぜかあまりプロっぽくないのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top