新井薬師


久しぶりの出勤を定時で終え,池袋で少し休憩して高田馬場に変える。ブックオフで司馬遼太郎『燃えよ剣』(上下巻)他,数冊を買って家に戻る。調子が悪い。北海道の寒さで風邪をひいてしまったのかもしれない。

函館で土方歳三の最後を思い出し,描かれなかった望月三起也の『俺の新選組』完結編は北海道が舞台になったのだろうと思うと,何か読みたくなってきたのだ。

土曜日は寝床でゆっくりし休む。午後から近くのクリニックに出かけて薬をもらう。家内と新井薬師で待ち合わせ,そのままあいロードの喫茶店で軽く昼食をとる。娘も合流し,ブロードウェイを覗く。4階の100均で3冊くらい。2階の古本屋で湊谷夢吉『魔都の群盲』を500円で購入。やけに状態がよいと思ったら1997年に復刊されたものだった。初版が出たときに買ったものは数回前のみちくさ市で売ってしまった。手持ちの本よろしく状態が悪くなってしまっていた。

蕎麦屋で夕飯をとり,家に帰ってから1時くらいまで眠った。どうにか体調が戻ってきたようだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top