颱風歌


10月12日のこと。

9時過ぎに起きた。すでに雨風をあって,当初,早めに徹の家に行き,帰ってこようなどといっていたことは,ただの戯言だったと気づく。一日,家にいるしかない。昨夜,100均で2リットル用麦茶入れを買ったので,水をためておく。同じような容器にいつくか水をつくり,風呂水も確認した。

玄関脇の傘立てをなかに入れ,ベランダのハンガーやら何やらも取り込む。テレビではすでに台風の被害が流れ始めている。

問題は妙正寺川だ。マンションの前,わが家は4階なので大丈夫だろうと思う一方,蛇行するあたりが削られるとマンションともども撃沈という,東日本大震災のときでさえ思いもしなかった事態を想像する。

午後になると,テレビ番組は台風関連ニュースに次々と切り替わっていく。家内や娘から,避難場所はどこだっけと話が出始め,でもすることは着替えと化粧。まあそうなのだろうな。すでに外には出られる様子でなくなったので,昼は昨日,家内が買ってきたもので済ませた。

娘が高校を卒業するときにもらった記念品は,手回し充電式の懐中電灯付きラジオに,携帯の充電プラグが付いたものだ。卒業時には,学校が1人ひとりに準備した避難バッグを抱えてきた。中には水に非常用食料や毛布などが入っている。いつも玄関近くに置いてあるこのバッグの中味を確認し,持って出られるようにした。そうこうするうちに夕方になった。ますます雨風は非道くなり,今から避難場所に移動しても,かえってそのほうが危ないなと思う。とはいえ,新宿区は避難勧告さえ出ていない。

同じように家内が準備していたもので夕飯を済ませて,テレビを見る。19時くらいから少し雨風はおさまり,その後,予告通り21時から30分くらい,轟音があたりに響く。台風が通過しているのだろうと,まあ,誰でもわかる感じだ。

22時を過ぎると,すっかり落ち着き,あとはいつもより静かな土曜日の夜になった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top