Review


スキャンのとき切れてしまったが評者は野谷文昭。1998年1月というと,まだ出版業界が右肩あがりの余韻に浸っていた当時。週刊読書人も,タイトルのあたりだけ意味もなく2色刷り。もはや懐かしくもないが。 その後,週刊読書人で矢作俊彦の作品が評された記憶はない。 review1
 review2

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top