Decade


こんな感じで10年書いてきて,何が変わったかといって,10年前はそれなりに落ちだとか面白さを記憶のなかから探していたことが,今やほとんどそういう気持ちが無くなったというか,気にしなくなったことだと思う。

部屋を片づけようとして積み重なった本の山から平井和正の『サイボーグ・ブルース』が出てきて,たぶん今世紀になって初めて読み返した。矢作俊彦よろしくチャンドラーの引用がこんなに多かったことに気づかなかったのが不思議なくらいたくさん引用されていて面白かった。アダルトウルフガイシリーズの後半から幻魔大戦シリーズ以降は,熱心な読者でなくなったものの,ときどき長編を思い出したかのように読むことはあった。

矢作俊彦も平井和正も,長編でなくていいから,というよりも短篇や中篇をもっと読みたいというのが正直なところだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top