三好徹


20代に三好徹の小説を読もうとは思わなかった理由は単純だ。新聞記者,商社マン,バァのマダムと,絵に描いたようなキャラクターに思い入れることはできない。これは結城昌治の小説も似ている。

先に書いたように,ここ数年,古本屋で見つけると文庫本を買い求めてしまい,結局,文庫だけでこれだけのものが手元にある。なぜ,今頃,三好徹の小説を読み続けるのかというと,これも前に書いた通り,江戸川乱歩との共通性を見出てから。娯楽としての読書に相応しい作品が面白い。

集英社文庫

  • 海の沈黙
  • 遥かなる男
  • 禁じられた華壇
  • 幻の美女
  • 商戦
  • 海外駐在員

中公文庫

  • 風は故郷に向う
  • 風に消えたスパイ
  • 風葬戦線
  • 殺意のアラベスク

文春文庫

  • 聖少女
  • 悪人への貢物
  • 狙撃者たちの夏
  • 戦後人物誌

講談社文庫

  • 天使の唄
  • 天使の復讐
  • 外套と短剣
  • 生けるものは銀

角川文庫

  • 野望の果実
  • 異国の空の下で

徳間文庫

  • 謀略の迷路
  • 追う者追われる者

双葉文庫

  • 密計の荒野

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top