Malicious remarks


「NAVI」で矢作俊彦の「A・JAP・AN」の連載が始まったとき,本文は言うまでもなく,何が面白かったといって「日本と日本民族への悪意を,ついに芸の域にまで高めた矢作俊彦が描く壮大な疑似現代史。待望の最新電芸脳文学=サイバージャンク・ノベル!!」という惹句だった。矢作によるイラストも凄まじかった。単行本化されたとき,「NAVI」での紹介で連載時のイラストが収載されていないことが残念だというくだりがあった筈だけれど,見直してみると確かに惜しい。
ajapan1 ajapan2
ajapan3 ajapan4

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top