愛しき,背信者。


「エスクァイア日本版」第3号に掲載された矢作俊彦のエッセイ。昭和の終わり,このようなスタイルのエッセイの執筆が減ってきた当時のこと。
198701 198702

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top