30


“Birthday”をなまで聴いたのははじめてだと思う。ライブで演奏される“NIKKI”の曲は“Baby I Love You”“お祭りワッショイ”くらいで,NOW & THENシリーズの“NIKKI”を楽しみにしていた。ここから,怒涛のように“NIKKI”ナンバーを中心にライブが展開する。

“Morning paper”は神奈川県民ホールで感じたのと同じくらいすばらしい勢いだった。“京都の大学生”もよかった。“Long Tall Sally”の最後に鳴るギターのリフから“Superstar”に続く流れは,アドレナリンが沸々としてくるような暴力的な恰好よさだ。この日のライブの頂だったように思う。この曲を聴くたびに,XTCを思い浮かべてしまう。森のパーカッションというかタンバリンを用いた囃し立ては,数年前の武道館のときのBOBOより数倍のインパクトだ。最近のくるりのライブで,このときのようにフロアが波打ったのを見たことはない。

“HOW TO GO”は後半のギターの掛け合いの恰好よさ。“街”“虹”と続き,本編は終了。正直,ここまででかなり体力を持って行かれた。

アンコールは岸田繁が一人で登場して弾き語り。佐藤とデュオで,まるでこれもXTCのように続けて2曲。

バンドメンバーを交えて3曲で長丁場のライブが終わった。“WESN”は,ファンファン+福田洋子バージョンがよいなと思うものの,とにかく全体が,おそろしくパワフルなライブだった。

セットリスト

  1. ワンダーフォーゲル
  2. トレイン・ロック・フェスティバル
  3. 魔法のじゅうたん
  4. 愉快なピーナッツ
  5. BIRTHDAY
  6. Bus To Finsbury
  7. Morning Paper
  8. Tonight is the night
  9. 琥珀色の街、上海蟹の朝
  10. ふたつの世界
  11. 京都の大学生
  12. 帰り道
  13. Long Tall Sally
  14. superstar
  15. ロックンロール
  16. Ring Ring Ring!
  17. HOW TO GO
  18. EN01 ベランダ(弾き語り)
  19. EN02 遙かなるリスボン(岸田・佐藤)
  20. EN03 春風(岸田・佐藤)
  21. EN04 夜行列車と烏瓜
  22. EN05 WORLD’S END SUPERNOVA
  23. EN06 Liberty & Gravity

 

More from my site

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top