離陸


金曜日は出張を控え,いくつかの準備を済ませる。クリニックに寄って,今週分のヒスタグロビンを打ってもらう。帰りに大松堂書店で文庫になった絲山秋子『離陸』と「新潮」5月号を購入。「新潮」には矢作俊彦のエッセイが掲載されている。駅前の富士そばでビールとつまみを飲みながらページを捲る。池袋でICレコーダーをチェック。USB経由でmp3データをそのままパソコンに取り込めるということで,そんなことはとっくにあたりまえなのかもしれないが,その便利さに驚き,購入してしまった。

新井薬師の文林堂書店で一巻本の辻邦生『春の戴冠』が安くで置いてあるのをみつけ購入してしまう。家に戻ると倉多江美の『静粛に,天才只今勉強中!』の第3巻が届いていた。

土曜日は少し早く起き,バイトに出かける娘と一緒に家を出た。新宿でわかれ,品川まで。弁当を買って,ホームで『離陸』を読み始めた。新幹線の車中はふつうなら眠ってしまうのがけれど,眠くならないので第一部を読み終えてしまった。新大阪で同僚と待ち合わせ,座談会の収録へ。17時に終わり,梅田で別れる。阪急古書のまちをざっと眺め,新梅田食道街のマルマンでCランチとビールで遅めの昼食。新大阪で酒をつまみを仕入れて車中で飲みながら本を少しだけ読む。目が覚めると小田原だった。

仕事でかかわりのある先生がSNS経由で新橋で一杯やったあと神戸に戻るとの書き込み。どこかですれ違ったのだろう。家に着いてチェックするとの先生は乗り過ごして岡山まで行ってしまい一泊されたそうだ。

『離陸』は絲山秋子のいまのところ最長編(たぶん)。この路線で長編を連発すのは難しいだろうなと思うほどの密度だ。短編の速度で長編を突っ走っているような感じがする。すごいな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top