週末


土曜日は昨夜の酒が残っていて,午前中遅く起きる。家内は気圧と,治験のため,常用していた頭痛薬をストップしたことが重なり,今週ずっと頭痛が続いている。

午後から少し掃除をして,昼過ぎに家を出た。茗荷谷の床屋まで行く。父親のマンションを片づけている時期,週末,地元の床屋に行く時間がとれなくなった。それ以来,会社近くの床屋に通っている。

小一時間で終わり,池袋の古本市を覘こうかと思ったものの,17時からのドラマを予約せずにきたため,とりあえず帰る。予約をして,宅配便が届くのを待ち,21時くらいから夕飯。

日曜日は昼から歯科受診。その後,池袋西武で開催されている古本まつりを覘く。おもしろそうな本と何冊か遭遇したものの,結局「宝島30」1冊を買う。調子が戻ってきた家内と待ち合わせ,ジュンク堂のほうに行く。細かい雨。

ステーショナリー中心に2年位前にできた店の一階で昼食をとる。ジュンク堂を少し見て,東武のカフェで休憩。夕飯用にお弁当を買って帰る。線路際の酒屋に閉店セールの張り紙。いつもは22時まで開いている店にもかかわらず19時前にシャッターが閉まっている。ほぼ毎日,会社帰りに寄り,缶ビールやその他もろもろを買っていた店だ。

20年前,こうした店がこのあたりに何軒かあって,当初,チェーン店にはない品揃えが物めずらしかった。そのうち,これがあたりまえだと思い始めた頃から,一軒,もう一軒と店を畳み始めた。下落合駅のバス通りにあった店は,カルピスバターが常に置いてあって,買ったのは結局,閉店セールのときだったけれど,めずらしい輸入食料品も置いていた。新目白通りができるまでの本通り,畳屋のならびにあった酒屋も,よく利用した。家の裏手でもあったので,足りなくなるものがでると,まずこの店に駆け込んだ。今はヤマト運輸の倉庫になっている。

以前,書き留めた青果店のご主人には子どもが小さい頃,お世話になった。もしかすると子どもの名を呼び捨てではじめて呼んでくれたのは青果店のご主人だったかもしれない。ご主人は闘病の末,亡くなり,店は閉じられた。

チェーン店のスーパーが2軒,このあたりにできたものの,いまだ私たちは,失われた酒屋,青果店のかわりに出会うことはない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top