福井


年に数回の出張を四半世紀続けると,都道府県ほぼ回ったことになる。もちろん,駅・空港と宿泊先,取材先のみの行き来という場所が少なくないものの。行ったことがない数件のうち,思いつくのは香川と福井だ。

で,土曜日に日帰りで福井まで行ってきた。9時過ぎには着きたかったので,北陸新幹線の恩恵はなく,米原から北陸本線で福井まで乗った。

4時半前に起き,5時過ぎに駅へ行く。品川発6:00というのぞみがあったので,それに乗った。名古屋のホームで朝食を買い,ひかり号で米原まで。50年以上,新幹線に乗って,米原で降りたのも初めてだ。北陸本線で琵琶湖畔から山の間を通り,福井まで。9時過ぎには着いた。快晴というよりもすでに暑い。

午前中の仕事を13時過ぎまでして,昼食は駅の西口すぐにある居酒屋の定食。昼から酒を飲むおじさんの多いこと。午後の仕事が始まる前に古書好文堂を覘く。少女漫画の品揃えが素晴らしく,少年漫画,青年漫画も在庫が厚い。均一棚をチェックするにも並んでいる冊数が多いので,かなり時間がかかった。つのだじろう『メギドの火』(竹書房版)2冊セットのみ買う。

午後の仕事が終わったのは17時過ぎ。早めの特急で米原まで。一度改札を出て,お弁当とビールを買って戻る。18時半のこだまで名古屋まで行き,のぞみに乗り換えて品川に着いたのは21時半過ぎ。

朝から頭痛がして,この前,京都で買った頭痛薬を飲んだものの,いまひとつピリッとしない。かぜ薬を飲んだところ,そこそこ治まったので,かぜが長引いているのだろう。

福井で食べたランチは,すき焼き風の煮物をメインに,惣菜を盛りつけたもので,とても美味しかった。他の店に入る機会はなかったけれど,全体,食べ物がおいしいのだろうなあと感じる佇まいだった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top