本田靖春

先日,『我、拗ね者として生涯を閉ず』(下)をみつけたので,会社の行き帰りに読んでいる。とても懐かしい語り口で,昭和60年代前後,本田靖春のノンフィクションとの出会いは幸福だったと思う。 それにしても,佐山一郎伝説をだれか...

年始

風邪から回復するときの感覚は,子どもの頃から変わらない。汗とともにからだのだるさが少し軽くなる。まだ治りきっていないものの,ここ2日間とくらべると遥かに調子は整ってきた。 遅めの朝食をとり,事務所へ行き,年末に書き終えら...

Malicious remarks

「横須賀線に千葉風が吹く」,昭和50年代の矢作俊彦のエッセイにしばしば登場したシーン。もはや懐かしさを感じてしまうほど,時は過ぎた。たぶん「月刊プレイボーイ」に掲載されたもの。同様のエッセイがかなり後になって「CUT」に...

Top