#Q Dream


この前,伊野尾書店で買った絲山秋子『夢も見ずに眠った。』(河出書房新社)を読んでいる。連載第1回掲載号は購入して読み,その後,とぎれとぎれに目にしたものの,通して読み始めると,立ちあがってくる印象は異なる。それにしても,文芸書は安価だなあ。

前半は,夫婦をバディもののように描いている。近年,「相方」という表現を本当によく目にする。だれか「相方」論をまとめればよいのに。あたりまえではあるものの,こんなふうに小説を描くアイディアが新鮮だ。

あと,とにかく文章がよい。昔,山田正紀が石森章太郎を称して「まず,絵が上手い」と書いていた。小説家だから文章が上手いのは当然なはずだが,実際,ああ文章が上手いなあと感じる小説家はそれほど多くない。文章が上手いと感じる,その感じ方は人それぞれだ。感覚の差異を差し置いても,絲山秋子は文章が上手いと言ってしまってもかまいはしないだろう。

まだまだ,小説の半ばあたりを読み進めているところ。あと半分,このたのしさが続くと思うだけで,早く続きが読みたくなってくる。読み終えて一度,ページを閉じる。そして読み返すときは,印象的な文章を抜書きするのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top