• 初出:「野性時代」(1994-95)

『サムライ・ノングラータ』と『東京カウボーイ』をつなぐ一作。「野性時代」休刊により連載途中のまま。連載後半は「眠れる森のスパイ」がリミックスされているものの,「グッドバイ」「So Long」に比べると,ストーリーへの干渉は少ない。
『フィルムノワール/黒色影片』に一部が流用されている。

第1回 アフリカの時間 野性時代 1994年9月号inu
ルノー4でパリを駆けるイワイとゴロウ。彼らの前に現れた女性の名は,オーレリア・ウォン・フーチー

第2回 アフリカの空 野性時代  1994年10月号
幾つもの鏡のなかから,彼女は微笑みかけてくる
第3回 アフリカの夜 野性時代  1994年11月号
万華鏡からすべての色と光が飛びだすように,受話器から彼女の声が転げ出る
第4回 ウエイアウト 野性時代 1995年2月号
彼女は赤い靴を履いて,そっと部屋に降り立った
  (目次より)絢爛たる悪の華咲く都,パリ
第5回 no title 野性時代 1995年5月号
曲芸師がセーヌを渡る。それを見守るイワイたち
  (目次より)傑が加わり役者は揃った。パリが熱くなる
第6回 no title 野性時代 1995年12月号
タマラが撃たれた。グラス砕け散る喧噪を抜け出したイワイたちは
第7回 no title 野性時代 1996年1月号
タマラの死が,イワイたち三人の関係に影を落とす